ヨーグルトとラクティスはどちらの方がベターか

ヨーグルトとラクティスはどちらの方がベターか

乳酸菌の商品は、使いやすさが求められます。できるだけ手軽に摂取できる方が、望ましい一面があるのですね。
サプリメントなどは、かなり高い評価を受けています。少なくともヨーグルトなどに比べると、使いやすい事が多いからです。

 

乳酸菌のサプリメントの持ち運び可能なメリット

 

まずヨーグルトの場合、冷蔵が必要になるケースがほとんどですね。コンビニにて販売されているヨーグルトのほぼ全ては、冷蔵庫に収納されているでしょう。もっとも、中には例外の商品もあるのですが。
ですのでヨーグルトは、ちょっと取り扱いしづらい一面があります。なぜなら常に冷蔵しなければならないからです。それで持ち運びが難しくなるケースも、珍しくありません。
ところがサプリメント等のタイプは、それを簡単に行う事ができます。サプリメントはヨーグルトのように、わざわざ冷蔵をする必要も無いのです。常温で保管する事ができますので、旅行先に持ち歩いている方々も多く見られますね。ヨーグルトを旅行先に持ち歩くとなると、クーラーボックスなども必要になってしまいます。それは、あまり使い勝手が良くないでしょう。

 

 

冷蔵をする必要は無いラクティス

 

ところで乳酸菌の関連商品の1つに、ラクティスがあります。その製品の場合は、サプリメントとは少々異なるのですね。しかし冷蔵に関するメリットがある事だけは確かです。
どういう事かと申しますと、ラクティスはスポイト状の容器の中に入っています。それを水で薄めて、経口摂取する事になるのです。
ですのでラクティスは、摂取の為に水は必要になってしまいます。その意味では、ちょっとサプリメントよりは使い勝手が悪い一面もあるかもしれません。
しかし多くの方々が、それを上手く工夫していらっしゃるようですね。ペットボトル入りの水の中にラクティスを入れて、持ち運びをしている方も多く見られるのです。ペットボトルならば、確かに持ち運びは可能ですね。
それと上記でも少し触れた冷蔵なのですが、ラクティスはそれも不要になります。あくまでも常温で保管する事ができる製品になるのです。もちろん冷蔵保管が不要ならば、旅行先などにも持ち込む事ができるでしょう。
ですのでラクティスは、少なくともヨーグルトよりは持ち運びが簡単な乳酸菌の製品の1つと言えます。旅行先などにおいて自分のお腹が気になるのであれば、それを持ち運んでみるのも悪くないですね。ペットボトルが必要という意味では少々特殊ですが、比較的使いやすい商品の1つだと個人的には思います。